AGAは頭髪状況に応じて治療方法が変わってきます

AGA治療はプロペシアなどの投薬による治療が基本ですが、進行具合によって効果的な治療方法が変わってきます。

ハミルトン・ノーウッド分類と呼ばれる、薄毛の進行パターンを7つのステージに分類した分類方法を用いて、自分の頭髪が現在どのステージかを把握し、最も効果的な治療を行うようにしましょう。

ステージ1型
まだ何の症状も感じない薄毛初期段階です。育毛シャンプーや育毛剤を用いて頭皮ケアを行いましょう。
ステージ2型
抜け毛が気になり始めた人や、前頭部が後退してきたり、頭頂部が薄くなってきたかもと感じはじめます。通常の頭皮ケアを行いながら、病院などでAGA治療を受けるようにしましょう。
ステージ3.4型
AGAが進行している人、すでにプロペシアなどのAGA治療を行っている人。AGA治療はもちろんですが、投薬による治療があまり効果的ではない人はHARG療法なども効果的と言われています。
ステージ5.6.7型
毛髪が全くない部分がある人。通常のAGA治療でも効果が出る場合もありますが、効果が出ない場合はかつらや植毛も考えましょう。

AGA治療は早めが効果的

AGA治療はなるべく早めが効果的と言われています。

進行ステージが進めば進むほど、通常のAGA治療での回復、克服が難しくなると言われているので、少しでも気になったらなるべく早く病院でAGA治療を受けるようにしましょう。

AGA専門の病院などは無料のカウンセリングを行っているところも多いので、そういったものを利用して治療を受けるようにしましょう。

このページのトップへ